おしゃべりしようよ!

気づきは楽し。気づきはゆるし。気づきはいやし。自分や周りの人との対話を重ねて気づきの多い人生を送ろう!1988年生まれ。会社員→専業ママ→パート、ヨガインストラクター修行中。

「時間をかければできる」は「できる」に含めない

最近の私のテーマ

「時間をかければできる」は「できる」に含めない

 

私は器用で優等生で長女気質なので、ついつい一人でがんばって、自分でやってしまいがち。

でも、それだと時間がかかるし、大したことができないということに最近気がついたのです。

20代まではひとりで足掻いて十分がんばったと思うから、30代はいろんな人に教えを請い、頼り、協力しながら進んでいきたい。

例えば、

・考え事→コーチングを利用

ひとりで悶々と考えるのもいいんだけど、プロの質問の力を借りた方がもっと発想が豊かになるし早い。

プロでなくても、悩んでること、考え事はとにかく人にアウトプット、アウトプット、アウトプット!

・保険の見直し→FPに相談

保険のこともいろいろ本読んだりネット検索したりすればいつかは分かるようになるけど、私は苦手なのでプロに相談。

 

早く答えを出すのがいいわけではない。

でも、自分はなにに時間(=人生、命)をかけたいのか?

(私は、家族や友人とのんびりする時間、ヨガやブログの時間、仕事を育てることに時間をかけたい。)

そのためにどの時間を削るのか?

するべき努力と、しなくていい我慢を見分ける。

「やればできる」というガンバリズムを手放して、軽やかに進んでいきたい。