おしゃべりしようよ!

気づきは楽し。気づきはゆるし。気づきはいやし。自分や周りの人との対話を重ねて気づきの多い人生を送ろう!1988年生まれ。会社員→専業ママ→パート、ヨガインストラクター修行中。

【ヨガTT4日目】わからない時こそ丁寧に聞く。

今日のTTは1日解剖学の講義でした。

こう書くとなんだか堅苦しくて難しそうですが、実際は体を動かしながらペアワークをしたり、マスキングテープを服の上から貼って筋肉の場所を確認したり、とてもおもしろかったです。

 

解剖学は体のことをよく知るための地図のようなものだと先生は言っていました。

地図が手元にあることで、自分の体、心とより丁寧に対話できる。

そして、わからない時こそ丁寧に聞いてみる。

その言葉が今日はなんだか沁みました。

丁寧に聞くっていうのは、

「いま何がしたいの?!」

「どういう気持ちなの?!ねえ!ねえ!!」

って質問ぜめにすることではもちろんなく(笑)

浮かんでくる感覚や考え、ポジティブなものもネガティブなものも関係なく

「あーーそうなんだーー」

ってあったかくそばにいる。ただそれだけ。

そして気がついたのは、私はいまちょっと疲れてるなーということでした。

もう、お迎えもめんどくさいし、明日もパート行きたくないし、疲れたー。

そんな自分に対して、

「ほら、こんなに全部できないじゃん」

「だめだよ、ちゃんとできないことをやっちゃ」

という声も微かに聞こえる。

でも、その声に白黒つけるのではなく、ただクリアに見つめる。

そうすると不思議なことに気持ちが落ち着いてくるんですよねー。

 

ヨガのためのインストラクション(先生の声かけ)のはずが、自分の生活にコツンと響くことがある。

そんな言葉も、ヨガのレッスンの魅力だなと改めて感じました。

 

厳しい暑さやお盆のお出かけで、疲れが溜まっている人も多いと思います。

そんな時こそペースダウンして、自分の体に「最近どう?」って声をかけてみてくださいね〜。

立ち止まれば、またちゃんと動き出せる。