おしゃべりしようよ!

気づきは楽し。気づきはゆるし。気づきはいやし。自分や周りの人との対話を重ねて気づきの多い人生を送ろう!1988年生まれ。会社員→専業ママ→パート、ヨガインストラクター修行中。

どんな仕事なのか、どんな肩書なのかさっぱり分かりませんが。

f:id:iwadetomoko:20180216152621j:image

マドレボニータの産後ケア教室、2回目のクラスに参加してきました。

バランスボールのエクササイズ、負荷がちょうどよくて、むちゃくちゃしんどいわけではないけどちゃんと筋肉痛にはなってクセになりそうです笑

私はほぼ毎日家でYouTubeを見てヨガをしているのですが、やっぱりそれだけだと筋トレにはならず運動不足なんだなと実感しました。

バランスボール買っちゃおうかしら。

 

 リフレッシュには動と静のふたつの方法があると思うんですけど、マドレで行っているようなバランスボールのエクササイズは動、一方ヨガは静のリフレッシュ。

自分にとって心地よい、動と静のリフレッシュを両方心得ていると心強いですね。

 

ところで、私は何かのイベントや講座に参加する時は「自分が働くとしたらどうか?」ということをいつも考えます。

とにかく何でも自己分析と仕事研究に繋げちゃう(笑)

で、動と静のどちらの時間を自分が提供したいかと考えると、私は静の時間だなと感じました。

意識を外に向けるのではなく、内に向けて体や心の状態をじっくり感じ、そして癒されるような時間。

そちらの方が私は好きだし、もし仕事にするなら、そういう方法で人を癒したり元気にしたりする仕事がしたい。

また、今回のマドレのクラスは参加者が8人なのですが、特にシェアリングの時間にもっと一人ひとりの話を深く聞きたいと感じてしまいます。

前に友達と「何人からが大人数だと感じるか?」という話をしたのですが、私は6人以上だと大人数だと感じます。え、少ないですか?(笑)

ぼんやり感じてはいたけど、仕事もひとりひとりとじっくり向き合って、しかもある程度の期間お付き合いできるやり方がいいなあと思いました。

やっぱり、誰かと一度会ってそれきりはさびしいなあ。

その点、マドレは4回でワンクールの講座になっているので、とても良いなと感じました。

 

最近漠然と思いついたのがセラピストという言葉。

マドレのクラスに通うとき、久しぶりに朝の通勤列車に乗ってるのですが(子連れで)まあ、驚きますね、このストレス社会に……。

みんなもっと自分を大事にして癒したほうがいいよ、なんて勝手に思ってしまいました。

前のブログにも書いたのですが、もっといろんな人が個性を表現できる社会になってほしい。

そのためには、自分自身を癒すことと、他の人に優しく寛容であることが大事だと思うんです。

もちろん、社会全体が寛容になって欲しいけど、まずは自分から、自分の身の回りから、個性を遠慮なく発揮できるような安心な環境、信頼関係を増やしていきたいな。

それに繋がる仕事……なーんだ?

仕事づくりはなぞなぞを解くのに似ています。