おしゃべりしようよ!

普段話すには大げさなような、でもほんとはおしゃべりしたい、そんなことを書いています。

出産、退院。

8日に第二子の女の子が無事生まれました。

今日退院診察が済んで、予定通り明日退院できそうです。良かった〜。

 

お産自体は安産でしたが、思っていた形とは全然違っていました。

時間がかかったので途中気弱になって泣いてしまったり(笑)、その一方で自分の中にある力や強さに驚いたり、出産や体、命の神秘を改めて感じたり……初産の時よりもいろいろなことを感じることができました。

 

産後は、目まぐるしく変化する心と体にとりあえず泣きました。(笑)

時間が経つにつれてそんな心身の状態も受け入れられるようになり、今は愛おしく感じるくらいになっています。

 

赤ちゃんは、妊娠中から出産直前まで力強く動きまわっていました。

産後数時間ごとに、肌の色や目の感じ、手足の動かし方だとか泣き方、おっぱいの吸い方、うんちおしっこの様子、どんどん変化しています。

赤ちゃんのものすごい適応力に改めて驚くばかりです。

一人目の時はそんなこと見る余裕もなかったなあ。

 

病院の先生やスタッフのみなさん、とても温かくサポートしてくださいました。

それから今回初めて大部屋を経験したのですが、同室の方もとてもいい方で、いろいろお話したり、差し入れのお菓子を交換したり、楽しく過ごさせてもらいました。

人によると思いますが、私の場合、ひとりでいてもとにかくロクなことがない(笑)

人の気配がある環境の方が、多少ストレスはあったとしても健全に過ごせる気がします。

特に産後のようなデリケートなときだからこそ、弱っている部分を人に見せて、オープンな心、オープンな気持ちでいること、感謝の気持ちを持つことが大事だなと実感しました。

 

それから、妊娠中からとにかくいろいろな人にお世話になりました。

両実家はもちん、ファミリーサポートさん、一時保育を利用した保育園、マタニティヨガの先生、児童館の先生やお母さん達、友達……。

網の目のように、たくさんの人たちに受け入れてもらって、支えてもらっているんだなと、改めてありがたさに胸がいっぱいです。

 

そして家族。

旦那さんも、長男坊も、大きな環境の変化の中でよくがんばってくれました。

個々人はもちろん、家族としてのレベルがぐうっと上がった気がします。

これからまたどんな毎日になるのか、ドキドキわくわくしています。

 

とても書き尽くせないのですが、明日の退院前に、今の気持ちをなんとなく書き残してみました。

明日からは旦那さんの実家にしばらくお世話になります。

改めて嫁入りするつもりで(笑)いろいろな人に助けられながら、人と人の繋がりに安心しながら、柔らかい心で過ごしたいと思います。

 

そうそう、このブログを読んでくださった方も、ありがとうございます!