おしゃべりしようよ!

今日は昨日より、強くやさしく、自由に。

今すぐ「好き」を勝手に仕事にする。

 

この本を読んだら、私も仕事を持って働きたいと思っていることに気がついてしまった!

退職して2年近く経つけど、働いていた時や退職直後は

とにかく「働く=辛い、大変、無理する」という風に感じていて、何かを売ることや、お金を稼ぐことに対して良いイメージを全然持てなかった。

でも、妊娠出産育児でのんびり過ごすうちに、自分の中に気力というかエネルギーが充実してくるのも感じていた。

それでも、

「ワーママなんて無理だ。」とか

「育児しながら在宅で働くなんて無理だ。」とか、

そういう思い込みもずっとあって、もやもやしていた。

 

この本を読みながら、じゃあ仕事ってなんだろうと考えた時、

・自分が好きなこと

・人のためになること、喜んでもらえること

・自分の成長につながること

だなと思った。

というか、そんなのってキレイごとでうさんくさいと感じながら、そうであって欲しいと思っている自分がいた。

 

だったら、もう、このブログを仕事にすればいいじゃん、と思ったのです。

なんか知らないけど好きで続いてるし、在宅無理とか言いながら、子供が寝ている時とかに1日30分〜1時間くらいはブログを書いてる。

うれしい反応をもらうこともある。

書くことは自分の成長に大いにつながっている。

完璧だ!

ただの勘違いかもしれないけど、誰のことも傷つけない、生産的で幸せな勘違いならどんどん自分を騙していけば良い気もする。

 

ああ、そうか、仕事を得ることがゴールな気がしてたけど、そうじゃないな。

自分のためでもあるし、人のためでもある。

人のためという目的でもあるし、自分を成長させる手段でもある。

1つ1つの記事がゴールでもあるし、PDCAのスタートでもある。

こんな風に境目がなく、ぐるりと繋がっている感じがとても不思議でおもしろい。

どんどん書いていく中で、自分を必要としてくれる人や書きたいテーマを見つけていきたい。

 

多分肩書きとか仕事はなんでも良くて、私がテーマにしたいなと思っているのは「強くやさしく自由な人になること」。

これも、自分がそうなりたいと思いながら、果てしなく遠い、限りなく無理で胡散臭いと思いながら、でも、信じたいと思っていること。

そうかそうか。

すでに何かができるから「仕事」にするんじゃなくて、「できない」「欲しい」を仕事にするっていう方法もあるんだな。

今までは、何か特別なスキルがあるから、資格があるから、働けるんだと思っていた。

勝手に目からうろこです。

「できる」から始めるんじゃなくて、その変化や道中そのものを、なんらかの形で表現して、届ける。

それが同じような思いを抱いていたり、同じような立場の人を励ますことにつながれば良いなあ。

 

勝手に誰かのためを思って、勝手に仕事にして、勝手に働き始めることにしました。