おしゃべりしようよ!

今日は昨日より、強くやさしく、自由に。

「それはない!」をやってみる。(生ゴミを冷凍する話。)

最近、生ゴミの臭いやコバエが気になっていて、どうにかしたいと思っていました。

蓋付きのゴミ箱を使っているのですが、どうも気になる……。

偶然読んだ本に「生ゴミを冷凍してから捨てる」ということが書いてありました。

この話を読んだ時最初は「えー!それはないわー!生理的に無理!」と思ったのですが、確かに冷凍してしまえば腐ることはないし案外良いのかも。

それに、生ゴミなんてついさっきまでは野菜や果物の皮だったんだし、思い切って取り入れてみました。

 

まずは冷凍庫を空っぽに。

アルコールでふきます。

f:id:iwadetomoko:20170928181154j:image

 

そこで出てきたのが大量の保冷剤!

「保冷剤マニアか! 」

と思わずつっこんでしまいました。

災害時は冷凍庫がしばらくの間保冷庫がわりになるというのを聞きかじり、なんとなく保冷剤を貯めていたのでした。

ここに入るだけ、とスペースを区切っていたつもりでしたが、まさかこんなにあるとは……。

f:id:iwadetomoko:20170928181227j:image

 

脳内会議

「これまで保冷剤が無くて困ったことはある?」

「……ない。」

ということで、床に敷き詰める分+小さい保冷剤5こを残して、あとは処分しました。

 

f:id:iwadetomoko:20170928181648j:image

 

中身を戻します。

f:id:iwadetomoko:20170928181809j:image

右端の茶色い紙袋が生ゴミ入れ。

小さいポリ袋に捨てたものをこの紙袋の中に入れます。

そして週2回燃えるゴミの日に捨てる……。忘れそうだ……。

 

 

f:id:iwadetomoko:20170928070849j:image

ちなみに上の段は冷凍ごはん。

ラップに文字が書いてあるのは子供用。

ぱっと見て大人用と区別できるようにしています。

 

ここまでの作業時間は10分でした。

何回か冷凍しましたが、水分や臭いが漏れることもないし、パリパリに凍った生ゴミを見るのがなんだか気持ちいい(笑)

しばらく続けてみます。

 

最近のマイテーマは「それはないわ〜〜」とか「うさんくさい!」を思い切ってやってみること。

そういうことの中にこそ、思い込みやきめつけで見えなくなってるものや、メンタルブロックをかけていることがあるような気がして。

例えば整理収納でいうと

・引き出しやケースにラベリングすること(「やりすぎ!」と思う。)

・冷蔵庫の野菜室に立てて収納するケースをおくこと(「え〜そこまで〜?」と思う。)

・洋服の引き出しに仕切りを入れること(「どんだけ〜〜」と思う。)

 

日々実験です!