おしゃべりしようよ!

1988年生まれ。会社員→専業主婦、育児→?

ヨガのインストラクター講座初日に子供が熱を出した!

今日からヨガのインストラクター講座が始まります!

ところが、子供発熱。

ほんと、子供ってこういう日に限って熱出しちゃうんですよね〜。

早速病児保育室にお世話になりました。

初診の受付や、診察、保育の説明などがあり、講座の時間には間に合わず初回から遅刻です。

 

こんな時に前の私なら

「最初から遅刻だなんて最悪!」

「おしまいだ」「他の人に迷惑かけちゃう」

「なんで今日に限って風邪なんか……」

「子供の風邪より自分の都合を心配するなんて母親失格だ」

とか考えていたと思います。

でも今日は大丈夫。

多少焦ったりざわついたりしたけど、すぐ収まりました。

だって、しょうがないもの。

 

私は、前よりも自分に優しくなれている気がします。

遅刻しているのに「自分に優しく」というのが変なら、「ありのままを見る」「受け入れる」と言い換えても良いかもしれません。

そして、この自己受容、他者受容の感覚こそ、私がヨガを続けている中で得ているものだと思います。

そうそう、だからそれを人に伝えて、広げていけたらなーと思って、インストラクターの勉強をしてみようと思ったんだ。

 

毎日子供と一緒だと立ち止まる時間もなく、ばたばた初日を迎えてしまいました。

ちょっと一呼吸つく時間が与えられたのかもしれない。

と、(遅刻中の)電車の中でブログを書きながら思いました。

さあ、気持ちを切り替えていこう!

【求職活動日記】ヨガのティーチャートレーニングに通う理由

求職活動日記と銘打って見事に三日坊主になりました。(笑)

ま、いっか。

求職の進捗状況は、3件の求人に応募して、1件は音沙汰なし、1件はこれから面接、1件は面接終わって採用、こちらの返事を待ってもらってる状態です。

二人の子供たちはそれぞれの預け先(保育園+保育ママさん)に慣れてくれてほっとしています。

上の子は最初は泣いたものの、今では自分から先生の方に行って「ばいばい」してくれたり、家では「○○ちゃん、、、すき、、、(ぽっ)」とか言う始末です。男ってやつは!

下の子は、なんというか、、、ものすごくたくましく、心配していた母乳→哺乳瓶の移行もスムーズにできました。

ミルクは毎回一気飲み、お昼寝の着地もまったく泣かず、63歳のベテラン保育ママさん曰く「こんな子は見たことがない」そうです(笑)

 

本当にね、安心できる預け先があって、感謝感謝です。

それだけでなく、上の子がこれまで1年近くお世話になったファミリーサポートさんや、単発でお願いしたシッターさん。

また、ずっと通っている児童館。そこで知り合ったお母さんたち。

いろんな人の支えのおかげで育児できているんだなと、ありがたさが身に沁みます。 

自分が子供のころに比べると、育児環境ってすごく良くなってると思うんです。

預け先だけでなく、ベビーカーにしろおむつにしろ、粉ミルクにしろ、品質もすごく良くなってる。

父親が育児に積極的に関わることもずいぶん一般化してきた。

社会はいい方向に変わってきていると私は思っています。

 

でも、いろいろな技術が発達して便利で豊かになる一方で、生きづらさ、女性で言えば、産みづらさ、育てづらさを感じている人が増えているような気もします。

かくいう私もそんな生きづらさを感じていました。(特に10~20代前半。)

それが今は、確かに大変なことはたくさんあるのですが、格段に生きやすくなったし、なんなら自信をもって育児してると思います。

自信をもっているというのは、迷わないとか悩まないとか、失敗しないという意味ではなく、

「まあ、いろいろあるけど、大丈夫だろう」

そんな感覚です。

で、どうしてそうなったかというと、ヨガを続けていたおかげだと思います。

もちろんヨガは万能薬ではない。でも私にはヨガが合っていて、とても良かった。

そのうち、そういう良さを他の人にも伝えたいと思うようになりました。

そもそも、、、ヨガってなんだ?(笑)

なにが良いんだ?どういう理屈で効くんだ??

そういうことを勉強したい。 

それを身近なところから伝えて、健康な人を一人でも増やしたい。

ここでいう健康とは体の問題ではなくて、心が平和であること。豊かで調和がとれていること。

そして、安心できる社会、本当に豊かな社会をつくるために、少しでも貢献したい。

そんな気持ちでティーチャートレーニングに申し込みました。

いよいよ再来週から始まります。

この間面接で自己紹介したときに全然だめだめで(笑)

ちょっとここらでヨガへの思いも言語化しておこうと思い、今日は書いてみました。 

 

【求職活動2日目】はずせ、思考のバイアス!相談せよ、夫に!

今日はスターバックスでブログを書いています。

これは職探しの下調べも兼ねて(笑)

 

昨日のブログでは週2日が勤務条件だと書きました。

しかし、夫に相談してみたところ

「それで見つけた仕事は本当にやりたいことなのか?」とツッコミが。

ぎくり。

「週2日」というのは、自分の希望を実現するための選択肢のひとつなのに、いつの間にか「週2日」というのが絶対条件で、仕事内容は二の次にしていたことに気がつきました。

 

まず私の第一の希望は、私も子供も無理しないこと。

そうであれば、例えば週3日勤務でも、2日は長め、夜が遅くなる日の翌日は短めにするなど調整はできます。

実際、週3日勤務に条件を広げると、選べる仕事がぐぐっと増えるのです。

また週2日から3日に勤務日を増やせば一日当たりの仕事時間を減らして、通勤圏を広げることもできます。

そうすれば、仕事内容に関する希望ももっと通せるようになります。

勤務条件以外で私がパートの仕事に求めること。

それは、将来ヨガのインストラクターとして独立するときにもプラスとなるような経験ができる仕事。

安直かもしれませんが、それはスターバックスではないか?ということで今日はスタバに来てみました。

 

お客様ひとりひとり、コーヒーの一杯一杯に向き合うこと。

居心地の良い空間を作るためのホスピタリティ。

パートナー(従業員)同士をリスペクトしあう社風。

(実際はもちろんわかりませんがHPに書いてあったから。。。笑)

一期一会を大切にすることはヨガにもつながるし、また私にとってカフェで過ごす時間はヨガのように自分が一人の人間に戻る大切な時間でもあります。

うん、こんな感じで志望動機&自己PRを書いてみようと思います。(笑)

 

いやー。気をつけているつもりでも、自分の思い込みで選択肢を狭めてることがあるんだなと再確認しました。

夫に相談してよかった!

これからも、夫に限らずいろんな人と話そうと思います。

【求職活動1日目】足で探せ!仕事と育児のベストバランス

子供たちの慣らし保育が始まり1週間が経ちました。

ふたりともいい預け先が見つかって一安心。

さて、働かないと預かってもらえないので、、、(笑)

ぼちぼち仕事も探し始めなければいけません。

今日は駅前をぐるぐる歩いてみました。

 

バイト(パート)探しだなんて、学生に戻ったようでわくわくします!

 

仕事の希望条件は以下の通り。 

・週2日、月48時間以上

→週1日はヨガの講座に通う予定なので、仕事の日と合わせて計3日子供たちを預けます。

・明るい雰囲気

→日当たりが良いとか、吹き抜けがあるとか、心地いい場所かどうかは超重要ポイント。地下とか無理。

・複数人で働く

→大人と話したい(笑)そしてできれば、いろいろな年代、立場の人と関わりたい。

・駅近

→送り迎えの楽さは外せません。

 

一番最初に検討したのは、LAVAの受付バイト。

ヨガのインストラクターを目指すので勉強になると思ったのですが、希望条件に合うところがなかったので断念。

次に考えたのは、時間に融通が利きそうな家事代行。

今あるスキルが誰かの役に立つのは魅力ですが、一人で黙々と働くのは嫌だなーと思いこちらも断念。

定番ですが、飲食店の仕事で落ち着きそうです。

 

実はこの条件で働くと収支は毎月2万円くらい赤なんです……。

勤務日数を増やすかどうかは悩みどころなのですが、

・ヨガの講座の日はお迎えが7時過ぎになるので、翌日は子供たちをゆっくりさせてあげたい。

・ヨガの講座の内容を消化吸収する時間を取りたい。

・今年車を売って駐車場代が浮いた。

・ヨガの講座は半年間なので赤字は限定的。

・これまでも一時保育の利用などで毎月1~2万円の保育代はかかっていた。

・なによりの優先事項は、私も子供も無理をしないこと。

ということで、週2勤務にしようと思っています。

 

来年認可保育園の入園を考えると、今年の保育実績が週4日であれば加点がもらえるので、それも週3勤務へ心が揺れるところです。

が、やっぱりまずは今年のことを大事にする。

今無理をして育児やヨガの勉強が中途半端になっては本末転倒ですもんね。

それに、今年こうして求職中であってもふたりとも預け先が決まったわけだし、来年もうまく預け先が見つかるかもしれない。
(もちろん見つからない可能性もあるけど……(笑))

 

こんな感じで、仕事探しも子どもの預け方も、自分や家族の優先事項と照らし合わせながらベストバランスを模索する日々です。 

ダシ取り要らず!ホットクックでおいしい味噌汁

年子育児の助っ人として導入したホットクック。

毎日のご飯と作り置きのおかず作りに大活躍しています。

 

ただ、味噌汁だけは水出しの出汁を使って鍋で作っていたのですが、水だしってやっぱり何か物足りない……。

でも出汁をとる時間はないし、どうしたものかと思っていたところ、最近ホットクックで納得のいく味噌汁の作り方を発見しました!

それは、具材と一緒に昆布+かつおぶしも入れるだけ

 

f:id:iwadetomoko:20180606093551j:image

↑できあがり風景

 

f:id:iwadetomoko:20180606093605j:image

↑シナモンスティックじゃないよ。昆布だよ。

 

この方法、何が良いかというと、出汁とりが不要なことに加えて、出汁がらも一緒に食べられるところが最高です。

昆布は水につけておかなくても、子供が食べられるくらい柔らかく火が通ります。

見栄えはよくありませんが(笑)家で食べる分には何の問題もありません。

食材も食べきれてエコだし、栄養もたっぷりだし、本当に最高。

 

参考までに我が家で作るときの分量はコチラ。

・水600ml

・味噌大さじ3

かつおぶし5g(ひとつかみ分。入れるときに手で握って粉々にする。)

・昆布5g(適当。5×5cmくらい。)

・お好きな具材

この量で大人2人+幼児1人分。

調理は「具だくさんみそ汁コース」を使用。

晩御飯の時につくり、そのまま保温して朝食で食べきります。

そうそう、暑くなるにつれて食品まわりの衛生も気になりますよね。

夜の残りをそのまま保温しておけるのも助かります。

 

f:id:iwadetomoko:20180606134633j:image

↑ホットクック味噌汁+納豆+ごはんが我が家の朝食の定番。10分で用意できます!

 

 

子供を保育園に入れて通学+働きます。

前回のブログからずいぶん日が経ちました。

その間いろいろあって、そのいろいろのことも書きたいのですが、とりあえず今、私は2人の子供たちを保育園に入れて働きに出る準備をしています。

そして働きに出るだけではなく、ヨガのインストラクターの資格を取るために講座に通う予定です。

 

大きな変化、決心ではあるけれど、なにせ小さい子がいると決意の勢いのままでは動けません。

区役所に通ったり保育園に電話かけたり、やれ健康診断だ、やれ書類記入だ、やれ持ち物の準備だ……越えなければいけない小さなハードルが多すぎて、「やるぞ!」の初期衝動が潰えてしまいそうです(笑)

「本当にこれでいいのか?」

「本当に保育園に入れてもらえるのか?」

「実はドッキリなんじゃ……」

GW明けに決意(という名の思いつき)して動き出して、それからトントン拍子で預かり先が決まり、なんだか現実味がないです。

 

ただ、ひとつだけはっきりしているのは、私はもっと広い世界でチャレンジしたい。

乳幼児2人の相手、家と児童館だけの世界は……もう飽きた(笑)

と書きつつ、子供2人のことも、児童館も、今の生活も、全部大好きだから、迷うのです。

気がつけば、上の子を妊娠して退職してから今月でちょうど3年。

新卒で就職した前職は2年半勤めたので、専業主婦の方が長いキャリアになっていたんだなあ。

 

で、来週、通おうと思ってるヨガの講座の説明会に参加するためにシッターさんに子供を見てもらうのですが、その人が旧姓の時の私と同姓同名なんです。

なんだか、妙な縁を感じてしまう。

一歩踏み出すこのタイミングで、昔の自分にありがとう、と言いたくなるような気分です。

そう、いろいろあったけど、その時その時のすべての自分がいてくれたから、今があるんだよなあ。

だからこれからも、精一杯の今を積み重ねていけば、また未来の良い「今」に繋がるのではないかな。

だから、本当にいろいろ不安だけど、精一杯やってみようと思います。

不安なこと(めんどくさい系母の記録)

今日は息子の2歳の誕生日。

それでアルバムの写真見たり、断片的に残ってる日記を読んだりしたのですが……

心がなにも動かない(汗)

なんだろ、実感がとにかくなくて、これは一体誰の何のことなんだろう?という感じ。

まあ、2年間あっという間ではなかったし、それだけ毎日大変だったのだろう、充実していたのだろうと信じたいのですが。

 

基本的には、私は過去は「オワコン」だと思っています。

実感できることは今しかないんだし、写真や日記をいくら見たところで、心が動かないのも、さもありなんと思うのです。

でも、それって過去を大切にできてない、過去に対する責任感がないってことなんじゃないのか、と不安になります。

もちろん、過去を否定するとか、そんなつもりは全然ないんです。

例えば、「昨日500円借りたっけ?わかんなーい、パッパラピ〜〜」はダメでしょ。絶対。

 

で、私は人に自分の気持ちや悩みを話すのも苦手です。

というのも、その人と話をしている時は、悩んでないし、その人と話すことが楽しかったり面白かったりするから。

だから育児で悩みがあるかと言うと、ない。

だって今ブログを書いているから(笑)

子供はかわいいかと言われると、多分かわいい。

だって今目の前にはスマホしかないから。

子供を抱きしめたり柔らかい肌を触ったり手を繋いだり……

そういう瞬間には胸が苦しくなるくらい子供がかわいい。

……わかりますかねえ……、私、バカなんでしょうか……(笑)

 

今への執着、今をつかみたいと言う欲求が強いのかもしれません。

だから詩を書くことやヨガ、瞑想は私に合ってるのかも。

でもそれはただ単にものすごく自己中心的なだけで、近視眼的で、世の中のことに目を向けていないのではないか、と罪悪感のような苦しさをしょっちゅう感じます。

歴史の勉強はずっと苦手だし、テレビも、ニュースもほとんど見ない。

実はオリンピックを今しているということすら知りませんでした……。(笑)

 

自分ひとりで生きるならいいんです。

でもこんなんじゃ、周りの人を戸惑わせたり、迷惑かけてしまうんじゃないか。

人の役に立つような仕事がしたいと思うけど、本当は働くことなんてできないんじゃないかな、なんて思う日もあります。

 

ついでに、ほかに不安なのは、退職してから好きなことを仕事にしたいと思ってきたのですが、最近自分の好きなことをすること、自分に正直になることが本当に良いことなのか分からなくなることがあって。

どんどん自己中で自分勝手になってる気がするし、何よりちょっと怖いですね。

(でも、一体なにがこんなに自分を否定してしまうんだろう。)

 

そんな感じで少し悶々とした息子の誕生日。

元気でなにより。だからお母さんは悶々とできるんだよね。

しかし、子供達には本当に同情する……

お母さん、こんなめんどくさくてごめんね!!

大きくなったら、自作の詩集でもあげようかな。

「ちょっ、キツっ……!引くわ!」とか言われたいですね……(笑)

ちなみにお父さんもまた、敏感気質で超絶めんどくさい系で、歌を作る人です。

……子供達の行く末に幸あれ!