おしゃべりしようよ!

1988年生まれ。会社員→専業主婦、育児→?

点を打ち続ける

https://www.instagram.com/p/BfH9WXqnOqD/

 

 

最近、お皿を買いました。

もうすぐ息子の2歳の誕生日なので、せっかくなら長く残せるものを買いたいなと思い。

まあ、、、私が使ってるんですけど(笑)

 

10年ほど前、大学に入学してひとり暮らしを始めたころ、

「丁寧な暮らし」「こだわりのある暮らし」というイメージにものすごく憧れていました。

雑誌や本やSNSでそういうイメージに触れるたび、

「どうせお金があるからでしょ」

「親がそういう価値観だったからでしょ」

なんて、妬みや焦りをせっせと燃やしていたなあ。

 

妬みとあきらめの間をぶらぶら振り子のようにゆれているうち、気がつけば就職して、でもお金なんて無くて。

結婚して子供が生まれて、いろいろと余裕がなくなって、そんな時にふと、

丁寧な暮らしという「イメージ」を追いかけていた自分に気がついて、

一生懸命生きているならそれでいいじゃないか、それが美しいじゃないか、と思えるようになりました。

そんなこんなで「丁寧な暮らし」なんてすっかり忘れてドタバタしているうちに、またふと

「そうだ、息子の誕生日だから、長く残せる何か素敵なものを。」と思い立ちお皿を買ったのです。

 

暮らしの新陳代謝は、オブラートを1枚ずつはがすように進んでいくようです。

一人暮らしを始めてから、100均で間に合わせのお皿を買ったり、友達やバイト先からおさがりでお皿をいただいて、それが割れたり、引っ越しの時に少しずつ減らしたりしてきました。

そのたびに少しずつ少しずつ買い替えて、偶然集まった物と自分が選んだ物を共存させてきました。

そして今、10年前の自分が妬んでいたであろう「丁寧な暮らし的イメージ」が知らず知らずのうちに暮らしの中に増えています。                

 

好きなもの、憧れているもの。

妬ましくて、まぶしくて、目をそむけたくなるようなこともある。

それでも「点」を打ち続けるべきだと最近思います。

私はやっぱり「素敵な物」が大好きで、ずっとずっと雑誌や本をぱらぱら見ていました。

きっとこれからもそうすると思うし、また妬みで身を焦がすこともあるでしょう(笑)

どんなにわずかでも、たまに醜くても。

どんなに間が空いてしまったとしても。

点を打ち続ける。

忘れたころにそれが叶うことを信じて。

天体

お父さんはソファでテレビを見る

子供はひとりで積み木

もうひとりはハイローチェアの上でがたがたと

料理をしながらそれを見る私

 

家族は天体

それぞれの時間が流れ

近づき遠ざかり また近づき

目に見えない軌道が交じりあい

バランスしながら一緒にいる

どんな仕事なのか、どんな肩書なのかさっぱり分かりませんが。

f:id:iwadetomoko:20180216152621j:image

マドレボニータの産後ケア教室、2回目のクラスに参加してきました。

バランスボールのエクササイズ、負荷がちょうどよくて、むちゃくちゃしんどいわけではないけどちゃんと筋肉痛にはなってクセになりそうです笑

私はほぼ毎日家でYouTubeを見てヨガをしているのですが、やっぱりそれだけだと筋トレにはならず運動不足なんだなと実感しました。

バランスボール買っちゃおうかしら。

 

 リフレッシュには動と静のふたつの方法があると思うんですけど、マドレで行っているようなバランスボールのエクササイズは動、一方ヨガは静のリフレッシュ。

自分にとって心地よい、動と静のリフレッシュを両方心得ていると心強いですね。

 

ところで、私は何かのイベントや講座に参加する時は「自分が働くとしたらどうか?」ということをいつも考えます。

とにかく何でも自己分析と仕事研究に繋げちゃう(笑)

で、動と静のどちらの時間を自分が提供したいかと考えると、私は静の時間だなと感じました。

意識を外に向けるのではなく、内に向けて体や心の状態をじっくり感じ、そして癒されるような時間。

そちらの方が私は好きだし、もし仕事にするなら、そういう方法で人を癒したり元気にしたりする仕事がしたい。

また、今回のマドレのクラスは参加者が8人なのですが、特にシェアリングの時間にもっと一人ひとりの話を深く聞きたいと感じてしまいます。

前に友達と「何人からが大人数だと感じるか?」という話をしたのですが、私は6人以上だと大人数だと感じます。え、少ないですか?(笑)

ぼんやり感じてはいたけど、仕事もひとりひとりとじっくり向き合って、しかもある程度の期間お付き合いできるやり方がいいなあと思いました。

やっぱり、誰かと一度会ってそれきりはさびしいなあ。

その点、マドレは4回でワンクールの講座になっているので、とても良いなと感じました。

 

最近漠然と思いついたのがセラピストという言葉。

マドレのクラスに通うとき、久しぶりに朝の通勤列車に乗ってるのですが(子連れで)まあ、驚きますね、このストレス社会に……。

みんなもっと自分を大事にして癒したほうがいいよ、なんて勝手に思ってしまいました。

前のブログにも書いたのですが、もっといろんな人が個性を表現できる社会になってほしい。

そのためには、自分自身を癒すことと、他の人に優しく寛容であることが大事だと思うんです。

もちろん、社会全体が寛容になって欲しいけど、まずは自分から、自分の身の回りから、個性を遠慮なく発揮できるような安心な環境、信頼関係を増やしていきたいな。

それに繋がる仕事……なーんだ?

仕事づくりはなぞなぞを解くのに似ています。

笑う

せきこんで ごはん粒がふきとんだ

笑う 笑う

この世には これ以上おもしろいことはない

というくらい

笑う 笑う

一瞬 暗くかたまった私の心は

きれいさっぱり 洗われてしまった

きみにつられて

笑う 笑う

【ブログ1年】一生書く。

気づけばブログを始めて1年がたちました。わーい!

1年前の今頃、まさか自分が詩を書き始めるだなんて思ってもみなかったです(笑)

ブログを始めたのは、TOEICの受験が終わって次になにか打ち込めるものが欲しくて、なんとなくの思い付きでした。

だからこんなに続いたなんて自分が一番驚いています。

 

2015年の夏に妊娠して退職した時、仕事も全然できなくてすっかり自信を失っていて、自分が好きなものも得意なものも全く分からないし、なんだかぱっとしない毎日を送っていたような気がします。

好きなだけ寝られることだけがただうれしい、みたいな。

でも、休む時間って大事なんですね。

体調が落ち着いて一人目の育児も少し慣れたころから、好きなことを仕事にしたい、人の役に立ちたいっていう漠然とした気持ちが芽生えてきました。

 

それからは、いろいろ手を出しましたよ(笑)

子供の服を作っていた時期があったので洋裁の講師養成の通信講座を受けたり、

生活に役立つかと思ってユーキャンでFPの講座を受けたり、、、。

(どちらも挫折しました!)

在宅で働くならやっぱweb?と思いwebデザインの学校説明会に行ってみたり、

育児経験を活かせそう?ということでチャイルドマインダーの資格説明会に行ってみたり、、、。

英語話せたらいいのかなと思ってTOEICを本気で受けてみたり、、、。

で、結局今続いているのは、思いつきで始めたヨガとブログです。

今振り返ってみれば、「仕事になりそう」「役に立ちそう」「人に認めてもらえそう」というところから出発したものは、ことごとくダメですね(笑)

直感で「なーーんか気になる、、、」というのが大事らしい。

やっぱり、好きで楽しいことしか続けられないんだなと思います。

 

私は書くのも好きだし、本を読むのも好きです。

ブログも好きだし、最近は昔は苦手意識があったSNSも好き。

ヨガも好きだし、あと料理とか、子供のことも好きだし、人と集まるのも好き。

あーこんなに好きなことがあったんだなって、すごくほっとしています。

たくさんの好きに共通するのは、「新しい発見があること」

そうそう、発見や気づきが大好物なんです。

そんな「発見」もブログを書いて心のアンテナが磨かれたおかげだと感じています。

ま、育児が一段落して時間ができたらもっとほかのことをするかもしれませんが、ブログは続けたいな。

 

ブログを書いていると、好きなことが見つかるだけじゃなくて、ものすごく癒されるんです。

一貫性のない自分、矛盾だらけの自分、完璧じゃない自分を許せるし、他の人に対しても優しくなれる。

反応してくれる人がいると、「あ、こんな自分でも受け入れてもらえるんだ!」と思える。

特にこの「受け入れてもらえる」っていう感覚は、自分だけのノートに書き続けていただけでは得られないものです。

 

私は、私が書いていることの情報とか内容自体にはそんなに価値がないと思っていて(笑)(もちろん真面目に書いてますけど!)

それよりも、もっといろんな人が自分のことを表現することで癒されて欲しいし、もっとおもしろいアイデアが世の中に増えて欲しいと思っています。

この漠然とした思いを将来仕事につなげられないかなーなんて。

 

ということで、これからも細く長く続けていきたいと思います。

よろしくお願いします! 

あくび

子どもの小さな小さなあくびを

息をひそめて じっと見る

時間がどこかへ消えてしまうかわりに

貴重なものを見た小さな満足と幸せとが

じんわり胸に満ちてくる

子ども

この子たちが起きたあとの

布団をめくる

そこには きっちり

ひとりぶんの 熱と汗

 

この子たちの おむつを替える

そこにも やっぱり

大人顔負け ひとりぶん

 

この子たちの 目をのぞく

卵と ちょろりんから

生まれてきたなんて うそよ

はじめのはじめから

わたしは わたし

しっかり ひとりよ

とでも 言いたげな