おしゃべりしようよ!

普段話すには大げさなような、でもほんとはおしゃべりしたい、そんなことを書いています。

ご飯って……ご飯って……!

f:id:iwadetomoko:20171113081309j:image

退院の日の朝食。

 

 

お産の時、早朝から陣痛が始まったのになかなか進まず、夕方ごろまでだらだらと時間が過ぎました。

何も問題はなかったのですがすっかり気疲れしてしまい、ついに緊張の糸が切れた時気弱になってポロポロ泣いてしまいました。

その時ちょうど夕食の時間で、ご飯を見た途端、もりもり元気になるのを感じました。

もう、本当に、自分の中から「もりもり」って音が聞こえたくらい(笑)

ご飯、食事の力ってすごいなー!と思いました。

今は授乳が本格的に始まって、ますますご飯がおいしいです。

 

f:id:iwadetomoko:20171115104025j:image

今日は間食でおにぎりを作ってみた。

やっぱり……おいしすぎる。

出産、退院。

8日に第二子の女の子が無事生まれました。

今日退院診察が済んで、予定通り明日退院できそうです。良かった〜。

 

お産自体は安産でしたが、思っていた形とは全然違っていました。

時間がかかったので途中気弱になって泣いてしまったり(笑)、その一方で自分の中にある力や強さに驚いたり、出産や体、命の神秘を改めて感じたり……初産の時よりもいろいろなことを感じることができました。

 

産後は、目まぐるしく変化する心と体にとりあえず泣きました。(笑)

時間が経つにつれてそんな心身の状態も受け入れられるようになり、今は愛おしく感じるくらいになっています。

 

赤ちゃんは、妊娠中から出産直前まで力強く動きまわっていました。

産後数時間ごとに、肌の色や目の感じ、手足の動かし方だとか泣き方、おっぱいの吸い方、うんちおしっこの様子、どんどん変化しています。

赤ちゃんのものすごい適応力に改めて驚くばかりです。

一人目の時はそんなこと見る余裕もなかったなあ。

 

病院の先生やスタッフのみなさん、とても温かくサポートしてくださいました。

それから今回初めて大部屋を経験したのですが、同室の方もとてもいい方で、いろいろお話したり、差し入れのお菓子を交換したり、楽しく過ごさせてもらいました。

人によると思いますが、私の場合、ひとりでいてもとにかくロクなことがない(笑)

人の気配がある環境の方が、多少ストレスはあったとしても健全に過ごせる気がします。

特に産後のようなデリケートなときだからこそ、弱っている部分を人に見せて、オープンな心、オープンな気持ちでいること、感謝の気持ちを持つことが大事だなと実感しました。

 

それから、妊娠中からとにかくいろいろな人にお世話になりました。

両実家はもちん、ファミリーサポートさん、一時保育を利用した保育園、マタニティヨガの先生、児童館の先生やお母さん達、友達……。

網の目のように、たくさんの人たちに受け入れてもらって、支えてもらっているんだなと、改めてありがたさに胸がいっぱいです。

 

そして家族。

旦那さんも、長男坊も、大きな環境の変化の中でよくがんばってくれました。

個々人はもちろん、家族としてのレベルがぐうっと上がった気がします。

これからまたどんな毎日になるのか、ドキドキわくわくしています。

 

とても書き尽くせないのですが、明日の退院前に、今の気持ちをなんとなく書き残してみました。

明日からは旦那さんの実家にしばらくお世話になります。

改めて嫁入りするつもりで(笑)いろいろな人に助けられながら、人と人の繋がりに安心しながら、柔らかい心で過ごしたいと思います。

 

そうそう、このブログを読んでくださった方も、ありがとうございます!

広告を非表示にする

今日から保育園。

産前産後に利用できる、区立保育園の一時保育に申し込めたため、今日から子供を保育園に預けています。

ファミリーサポートは何度も利用していましたが、集団保育は初めてのため今日は慣らしで午前中3時間見てもらうことになりました。

 

あれこれするつもりだったのに、子供を預けた途端体から力が抜けて、結局ずっと家で寝てました(^^;

当たり前だけど、疲れてるんだなあ。

午前中に横になるなんていつぶりだろう!

お腹の中の子供もゆっくりして安心したのか、なんとなーく下がって来たような……。

 

今日もぽかぽかいい天気で、干された布団のようにぬくぬく、ぼーっとしています。

そういえば、一人目の妊娠中は毎日こんな風だったなあ。

またこんな時間ができるなんて夢のようです。ありがたい。

広告を非表示にする

観念する。

f:id:iwadetomoko:20171104114755j:image

今日か今日かと毎日そわそわしています。
いろんな人が声をかけてくれたり、レンタル用品が帰省先に届いたり、周りは着々と準備が整ってきているのに、自分だけが取り残されたような、「ほ、ほんとに私(たち)のことなのか……?」と実感がわきません。

 

この落ち着きのなさをどうにかしようと思って、気がかりなことに手当たり次第取り掛かっています。
ずっと洗っていなかったスニーカーを洗ってみたり、
お風呂場をピカピカに磨いてみたり、
エコー写真を整理してみたり、
図書館の本を全部返してみたり、
通帳のお金を移動させておいたり、
思いつきで旦那さんに手紙を書いてみたり、
入院準備のリストを見返したり、
熟したバナナをマフィンにして使い切ってみたり……。

 

でも……全然ダメです(笑)
出産前の動物がうろうろソワソワ歩き回る気持ちがよく分かります。
そして表面的な気持ちとは裏腹に、体の方はどんどん、どんどん変わっていっています。
完璧な心の準備なんてできっこないんだよな、と今更ながら気がつきました。
これはもう観念するしかないぞ。

広告を非表示にする

f:id:iwadetomoko:20171103155603j:image

 

雲をぼーっと眺めていると、雲が動いていることに気がつく瞬間があります。
当たり前なんだけど……(笑)
どんなに大きな雲も、どんなに薄い雲も、全部が全部、少しずつ流れている。
もっと目が慣れてくると、手前と奥、下と上の方では流れる速さが違うのがわかってくる。
そんな瞬間、自分が立っている場所がゆらぐような、雲が落っこちて迫ってくるような、不思議な倒錯感に襲われます。
きれいな空や雲はまるでちぎり絵のように見えるけど、どこかにぴたっと張り付いているわけではなくて、どんなときも絶えず流れて動いている。
そういう景色をぼーっと眺めていると、なんだか癒されます。

 

今日は洗濯物も全部乾いたしとてもうれしい!

広告を非表示にする

育児ネタ解禁。

別に封印していたわけではないのですが、最近なんとなく自分の中で意識的に育児ネタを解禁しました。
これまでもFacebookに写真を上げたり、ブログに子供のことを書いたりしていたのですが、その都度なんとも言えないもやもやを感じていました。
子供のことに積極的には触れたくないというか、その投稿で自分は一体何を得たいのか考え込んでしまうというか……。

 

それで最近気がついたのですが、私、フツーのお母さんで良いじゃん、と思いました。
無自覚だったけど、専業主婦とか育児とか、そういうカテゴリを実はかなり意識していたなーと。
「専業主婦だから○○じゃなきゃいけない」とは思っていなかったけど、その代わりに、例えば本をいっぱい読まないといけない、成長するようなことを自分でしなきゃいけない、なにか特別なこと、フツーであってはいけない、って思っていました。
そう、育児ネタに甘んじてはいけない、という思い込みも(笑)
「○○でなきゃいけない」も思い込みだけど、その裏返しで「○○になってはいけない」というのも、何かからの自由に見えて、単なる思い込みなんですね〜。

ちょっと発見です。

 

今の私の生活って、95%が旦那さんと子供との関わりです。
してることといえば、本当に、育児と家事と、ちょろっと本を読んだり、ヨガや瞑想で一息ついたりするくらい。
これで良いんだろうけど……これで良いのかなあ。
やっぱり、「もっと」「いろいろ」「たくさん」してるのが、えらくて、かっこよくて…って思ってたのかも。

毎日の生活とか育児の中で感じたり考えたりすることが一番多くて、それならそれをブログに書いたりSNSにアップしたりするのって、ごくごく自然な、フツーな流れなのに、もっと特別な何かがないといけないと思っていたようです。
良いんだ、良いんだ。フツーで。

 

そして、こういうことを前もどこかで言ったり書いたりしていた気がする。
すごく恥ずかしい(笑)
でもスポーツの素振りとかと一緒で、何回も何回も繰り返して自分のものにしていくもんなんだろうなあ。
相変わらずぐちゃぐちゃねちねち考えてばかりの私ですが、それも実は結構好きなところだったりします。

広告を非表示にする

夜泣き

昨日は子供が久しぶりにザ・夜泣き。(1歳8ヶ月)

寝るときは普段通りだったのに、2時半ごろ泣いて目を覚まし、ぐずぐずしているうちに気がつけば5時過ぎ……。

旦那さんが奮闘してくれましたが、やっぱり最後はお母さんでないと納得してくれず、最後の力を振り絞って抱っこ。

っていうか、最後の力なんて寝るときにはもうすでに残ってないのに、なんでそこから立ち上がれるのか自分でも不思議です。

しかし今回は旦那さんとふたり揃ってかなり堪えました。

 

半日以上が経ってようやく平常心に戻ってきたものの、

「何もできない」

「何もやってない」

「このままでいいんだろうか」

という、あの不安感に久しぶりに襲われました。

それでも、もちろんどこかに逃げるなんてできず、いつものようにご飯を作って、掃除して、洗濯して、子供と遊んで……。

そうすると少しだけ、ぐるぐる考えるのを止められます。

 

今日みたいにダウーンな日も、子供は相変わらずキラキラ目を輝かせて元気です。

そんな姿を見ていると、素直にかわいいなーと思う一方で、なぜか突然物悲しくなります。

そう、眠いのは、悲しいんだ。

夜泣きする赤ちゃんの気持ち、私は少しわかる気がします。

子供がもっと小さいときに、やっぱり夜なかなか寝つかないときがあって、そのとき「寝たいよー(裏声)」って言って私も泣いたことがあります。(笑)

その瞬間「ああ!!赤ちゃんも寝られないとこんなに辛くて悲しいのか!」と気がついて、衝撃を受けました。

まあ、だからと言って楽にはならないんだけど……。

 

さあブログなんて書いてる場合じゃない!寝よう!

広告を非表示にする